共にすること

「かけていい?」
と、彼は付き合い始めてかなり時間が経過しても相変わらずそう聞きます。

お付き合いをする前などは、電話を掛ける前など一言聞いたりするものですが
交際が始まって、それぞれの日常のペースというものが何となく分かり始めると
そういったことって聞かなくなりますよね?

しかし彼は「忙しくても手を止めるのが○○ちゃん(私)だから」といって、必ず事前に一言あるのです。
少し遠慮がちにも聞こえるやり取りなのですが
私はそのやり取りがとても好きでした。
上手くいえないのですが、「これから一緒の時間を共有できるぞ」
という気持ちになることが出来るのです(笑)

彼との恋愛の中でそうして「共にすること」に私は重きを置いてきました。
ですので、自然と
「一緒だね」
「同じがいいね」
などという言葉を使っていたように思うのです。

同じであることを強要してしまえば、どちらかの苦しさとなってしまいますが
ささいなやり取りから感じ取ることが出来るこの感覚はとても大切にしたいと思っているのです。

共にする時間が出来るという事は、それだけ互いを深く知る事にも繋がりますよね。
ですので、お付き合いが始まって何年経とうとも私はそれに慣れたいとは思いませんし
常に新しい感覚でそれを味わっていたいなと思うのです。